外壁塗装で住まいのメンテナンス|チェンジマイハウス

不動産

デザイン性にこだわる

これまでの外壁塗装の歴史

作業員

家を購入すると賃貸住宅とは違い、駐車場の負担や隣からの騒音や隣への騒音などを気にする必要がなくなる反面、様々なことを気にかけなくてはならなくなります。例えば、リフォームです。家を購入して10年から15年が経過するとリフォームの時期になります。リフォームの中にもいろいろな種類のものがあります。その中でも外壁工事は意外と重要だということを知っておく必要があります。歴史的に見ると、お寺などの伝統的なため物の外壁工事はとても重要でした。それは、その建物を支える木にあったのです。しっかりしたものを使うことで500年でも1000年でも長持ちするのです。ただ、木が立派だけではあまり意味はありません。何故なら木は湿度によって朽ち果てるからです。

今後の塗装の展望について

そこで、昔から木を使った住宅はメンテナンスが重要だと言われていました。できるだけ風通しが良い家でしかも湿度が乾燥するように日当たりが確保されているところです。 これは何も昔の話だけではありません。現代でも外壁塗装によってその木造住宅の寿命を大きく延ばすことができるのです。また、外壁塗装をすることで虫の侵入も防ぐことができます。このように外壁塗装はその家の寿命を延ばすうえでとても重要な役割を果たしています。 今後の外壁塗装は老築化を防ぐだけではなく、その家のデザインにも関係してくるでしょう。最近はデザイン重視の家が多いのです。デザインはその家のカタチにもよりますが、その外壁塗装が大きなカギを握っているのです。